(1) 記数の法則

 記数とは、+3のように記号と数字を合わせたものです。
 +3の場合は(足せ3) (3を足せ) という意味です。
 ×5の場合は(掛けろ5) (5を掛けろ) という意味です。

 

 記数には移動の法則記号変換の法則の2つの法則があります。

 これら2つの法則を合わせて≪記数の法則≫と呼んでいます。

 

 移動の法則

 (1) 234-1=2+4-3-1=2

 (2) 5÷3×6÷2=5×(6÷3÷2)=5

 

記号変換の法則

 4-(2-5)=4+(-2+5)=4+3=7

      =4-2+5=7

  

 2-5=+(2-5)=-(-2+5)=-3

   =2-2-3=-3

 

 6÷(2÷3)=6×(÷2×3)=6÷2×3=9